広島東洋カープ

交流戦を終えて

11勝6敗1分。交流戦のカープの成績である。
ソフトバンクと分けた際に勝ち越す確率が高くなったと思ったが、最後の6連勝は 何とも嬉しい誤算だった。
貯金11。しかも、カープ以外セ界に貯金球団無しである。
一番の立役者は、間違いなく誠也だろう。
サヨナラ2点弾、逆転サヨナラ3点弾、勝ち越し決勝ソロ、この交流戦最後の三連戦は圧巻だった。
交流戦の打率は4割に近い筈、月間MVPも視野に捉えた。
誠也を見ていると、四番誠也の日も近いのではと思う。
しかし今のカープを考えるに、誠也が五番にどっしりと座ることこそ重要なのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

しらける・・・。

カープがサヨナラ勝ち。本来なら、気分がスカッとするのだが・・・。
やはり、コリジョンルールはしらける。守備の好プレー、アウトがセーフになるのだから。
ビデオ判定の採用も然り。試合の流れなど、あったものではない。
審判の誤審?に怒り狂う時もあるが、それも一興である。
マラソン中継中のCMのような興醒めは止めて欲しい。再考を要求する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

接戦を制す!!

延長12回、無死一、二塁から丸がサファテのストレートを中前(二遊間)に弾き返し、息詰まる接戦をサヨナラで制した。
カード初戦を黒田で落とし3タテを覚悟したが、1勝1敗1分の5分で乗り切った。
パ・リーグ1位2位との6連戦は正念場だったが、一つの負け越しで乗り切ったのは大きい。
これで勝ち越し&セ・リーグ首位で交流戦を終える事に光が見えて来た。
今日のゲームが、カープ25年振りの優勝に向け、ターニングポイントになるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年も厳しい・・・。

三連戦の初戦をジョンソンで落とすと、今のカープは勝ち越すことが難しい。
計算出来る先発投手が、2枚も3枚も不足しているのである。
明日からソフトバンクとの三連戦だが、3タテも覚悟しなければならない。
黒田で一つ勝つのがやっとだろう。
早く大瀬良と福井がローテに戻ってこないと、あっという間に借金生活になってしまう。
いや、その前にそうなりそうだ。
今年の交流戦も、厳しい戦いが続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

理解不能!!

 七回裏、バリントンに代打が送られた時、今村-ミコライオの継投だと思いました。昨日は失敗に終わったものの、前半戦ラストゲーム、後半戦に向けてのリベンジのため、今村が登板するものと考えていました。しかし、登板したのは久本。理解不能です。申し訳ないですが、「勝てない・・・」と思いました。結果は・・・。
 選手がダメなら、監督もダメ。カープ最悪のUターンです。本当に弱い・・・。。。downdowndown

baseball●広島2-4中日 広島8勝7敗0分(35勝48敗1分

中日 000000040 4
広島 100100000 2

勝:中田賢4勝2敗0S
S:岩瀬1勝1敗21S
敗:久本2勝3敗1S
本:平田7号④(横山

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

敗北の方程式!!!

 七回を終わって2-0。カープファンは誰もが、『残る2イニングは、今村-ミコライオのリレーで・・・』と思ったことでしょう。しかし結果は2-3。ショックですdown
 しかし、今村はディフェンスにも足を引っ張られました。外角のストレートを狙われ痛打されたのは事実ですが、野手もお粗末でしたdown
 八回表一死一塁、五番打者の打球は右中間を真っ二つに。しかし、ここで一塁ランナーが暴走し本塁へ。中継したセカンド菊池は本塁へストライクの返球(ショートバウンドでしたが・・・)、タイミングも余裕でアウト、ところが石原が落球し、2-1。続くファーストゴロを捕球したキラが、ベースカバーに入った今村に悪送球。二死から今村は同点打を打たれました。down
 八回裏。2四球2安打で無得点。何故? 無死一塁から丸が盗塁死。。。 意気消沈です。down
 九回は、もう語りたくありません。
 先発の谷間でマウンドには小野。そして久本-横山と無失点で繋ぎ、理想的な継投に持ち込みながらの敗戦。”The End”です。downdowndown

baseball●広島2-3中日 8勝6敗0分(35勝47敗1分

中日 000000021 3
広島 000002000 2

勝:マドリガル1勝0敗0S
S:岩瀬1勝1敗20S
敗:ミコライオ2勝4敗15S
本:丸7号②(西川)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とにかく、勝ちました!!

 本塁打も適時打もありませんでしたが、3-0で快勝sign02 9連戦の勝敗を4勝3敗とし、球宴前9連戦の勝ち越しが見えてきました。
 先発した野村は、8回を5安打無失点。ルナ、クラークを欠くドラゴンズ打線の貧打に助けられた部分もありましたが、内野ゴロの山を築き、5勝目を飾りましたup
 攻撃陣は10安打で3得点(犠牲フライ2、ワイルドピッチ1)、菊池の一、二番が十分にチャンスメークしていただけに、少々寂しい攻撃でした。まあ、明日はキラがスタメンに戻って来るでしょうから、もっともっと、投手を助ける攻撃をしてもらいましょう。up 明日の谷間、予告先発は小野ですが、何としても勝利してドラゴンズ3タテに繋げ、9連戦を勝ち越してオールスター休暇を迎えて欲しいものです。beer

baseball○広島3-0中日 広島8勝5敗0分(35勝46敗1分

中日 000000000 0
広島 10100010X 3

勝:野村5勝3敗0S
S:ミコライオ2勝3敗15S
敗:岡田3勝4敗1S

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

待ってました、岩ちゃんの一発!!

 二回表、相手チームの失策とスクイズで3点を先制しましたが、何となく気分が乗らない試合。18安打13得点での大勝でしたが・・・。。。
 今日一番嬉しかったのは、岩本一発でした。七回表、廣瀬の右前打と赤松の結果オーライ遊撃内野安打で掴んだ無死一、二塁。B2-S0からライトスタンドに今季1号となる3点本塁打を放ったのです。待ちに待った、岩ちゃんの一発です。up
 今のカープ、今日の勝利で浮かれている訳にはいきません。カープの野球はまだまだです。相手投手を確実に打ち崩す打撃、意志のある攻撃。今日の大勝は、結果オーライであることを認識して下さい。マエケンじゃなかったら・・・。。。

baseballヤクルト3-13広島○ 広島3勝7敗0分(34勝46敗1分

広島 032003320 13
東京 002000001  3

勝:前田健7勝5敗0S
敗:石川2勝7敗0S
本:ミレッジ10号②(前田健) 岩本1号③(七條) 廣瀬5号①(阿部) バレンティン32号(菊地原

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今シーズン初!!

 

 今シーズン初めて、TV観戦を途中で止めてしまいましたdownバレンティンの満塁弾は、本当にショックでした。オールスター戦迄負け続けるような気がして、チャンネルを換えてしまいました。元気が出ません・・・。。。
 堂林は、ホームランを打っても、それが浮上の切っ掛けにはならないようです。3三振です。全く、彼を始め、攻撃陣は何を考えて野球をやっているのでしょう? 全く進歩がありません。投手陣は早くも夏バテか? キラ鮮烈デビューという好材料も、既に吹き飛んでしまいました。本当に、もうダメなのでしょうか?

baseballヤクルト8-3広島● 広島2勝7敗0分(33勝45敗1分

広島 100000020 3
東京 24000200X 8

勝:小川10勝2敗0S
敗:大竹5勝6敗0S
本:上田1号①(大竹) バレンティン30号①(大竹)、31号④(大竹

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

打ち合いに敗れる

 両チーム合わせて26安打5本塁打の打ち合いに敗れました。
 それにしても今井は打たれ過ぎ、特に二回裏。二つの四球を与え、二死からの適時打、3点本塁打が痛過ぎました。down
 カープも頑張って3本塁打で反撃しましたが、及ばず。各打者が仕留めるべき球を、ことごとく外野に打ち上げていたことが気になりました。もっと、内野手の間、頭上に鋭い打球を放って欲しいものです。

baseballヤクルト11-9広島● 広島2勝6敗0分(33勝45敗1分

広島 200320002  9
東京 44010011X 11

勝:木谷1勝1敗0S
敗:今井1勝1敗0S
本:畠山9号③(今井) 石原3号①(中沢) 菊池5号②(中沢) バレンティン29号(福井) 堂林4号②(山本哲)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧