プロ野球

●広島4-7阪神【8/21】

■広島市民球場:49(13)勝53(11)敗4分[4位]

   T.N.   1 2 3  4 5 6  7 8 9   R    H   E
 阪神 203 000 002  7 10 2
 
広島 001 021 000  4 11 1

   勝:下柳 10勝4敗0S
   S:ウィリアムス 4勝3敗4S

   敗:
大竹 6勝11敗0S
   [本]

   [神]下柳-渡辺(六回裏)-江草(六回裏)-久保田(七回裏)-アッチソン(八回裏)-ウィリアムス(九回裏)
   
[広]大竹-シュルツ(七回表)-ブラウワー(八回表)-永川(九回表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

阪神5-1広島●

■阪神甲子園球場:5勝9敗1分(4位)

  広島 100 000 000 1
  阪神 101 003 00X 5

   勝:下柳 3勝0敗0S
   S:
   敗:宮崎 0勝2敗0S
   [本]

   [広]宮崎-青木勇(六回裏)-岸本(七回裏)-林(八回裏)
   [神]下柳

 また今日も・・・。意地は無いのか!? 『アニキ』、『コアニキ』と尻尾を振ってニヤニヤしてる訳じゃないだろうな!? 「この二人には絶対に打たれない!!」。そんな闘志を見せて欲しいものだ。
 攻撃も見るべきところは何も無い。下柳に楽々と完投させているようでは、リーグ最高チーム打率も何の意味も持たない。
 明日は雨で中止だろうから、切り替えて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

阪神5-0広島●

■阪神甲子園球場:5勝8敗1分(4位)

  広島 000 000 000 0
  阪神 100 000 04X 5

   勝:アッチソン 3勝0敗0S
   S:
   敗:ルイス 2勝2敗0S
   [本]

   [広]ルイス-横山(八回裏)
   [神]アッチソン-渡辺(七回表)-久保田(八回表)-江草(九回表)

 先制点は金本、2点目は新井、そしてダメ押しはいつもの鳥谷。いつもいつも同じ選手に打たれる。何とかならないものか?
 それにしても・・・。金本、それにも増して新井。誰に何て言われようと、「真のファンでは無い」と言われようと、私はこの2人が取った行動を認めることは出来ない。
 カープ打線はこの日も完封された。栗原が3安打したことが唯一の救いだ。
 一方、ウェスタンリーグ好調の二軍では、開幕一軍に漏れた松山が快音を連発しているという。打率.368、打点11の二冠王だ。練習では三塁の守備にも挑戦しているそうだ。春季キャンプで注目を浴びたその打棒が、一軍の起爆剤になってくれることを期待する。早く上がって来い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

○広島6-1中日

■広島1勝0敗中日:広島市民球場

  中日 000 000 010 1
  広島 000 100 41X 6

   勝 大竹 1勝1敗0S
   敗 朝倉 1勝1敗0S
   [本]梵1号② 前田1号② 李炳圭1号

 勝った~!! バンザ~イ!! 大竹の粘投、新井の先制タイムリー二塁打、梵、そして前田の2点弾、最後は倉のタイムリー。こんなに得点シーンがあって、ピッチャーも好投。快勝だ!! この試合が浮上のきっかけになることは間違い無い。5カード連続の負け越しを阻止し、鯉の季節に突入だ!!
 【今日のMIP】大竹だ!! 開幕から好投を続けているが、ようやく白星を手にした(昨季より随分早いが・・・)。ランナーは出すが、とにかく無失点に抑えた。球数が多くなり六回で降板したが、次は完投を目指して欲しい。
 次点、今季第1号で猛打賞を獲得した前田。「この先みんなで戦っていくために今日のようなゲームがきっかけになって調子を上げられたらいいよね」。『ALL-IN』が今日リスタートした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

○広島5-3ロッテ

■広島1勝3敗ロッテ:尾道しまなみ球場

  ロ 002 010 000 3
  広 001 121 00× 5

   勝 ダグラス7勝4敗0S
   S 永川1勝3敗2S
   敗 谷中0勝2敗0S
   [本]ワトソン1号② 新井9号 嶋9号②

 入籍記念アベック弾が勝利を呼び込んだ。四回、新井の通算150号メモリアルアーチで同点。その直後の五回表に1点勝ち越されたが、すぐさま嶋が逆転2点本塁打を放った。今季、今までに見ることが出来なかったゲーム展開である。
 投げては、ダグラスが116球の熱投で7回を3点に抑え、高橋建、永川のパーフェクトリレーで逃げ切った。久しぶりの快勝である。
 故障の前田に代わり五番に入った末永。ただ一人ノーヒットに終わってしまったが、明日も出番はあるだろう。調子は下降気味だが、そこは前田二世と呼ばれる逸材。得点圏打率5割を誇る前田の穴を埋める活躍を、明日は期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西武4-0広島●

■広島2勝3敗西武:インボイスSEIBUドーム

  広 000 000 000 0
  西 210 000 01× 4

   勝 宮越1勝3敗0S
   敗 黒田4勝4敗0S
   [本]カブレラ12号②

 カープの試合は、全く面白くない。何故なら、リードされた時点で事実上試合が終わってしまうからだ。今日も序盤に3点をリードされただけで、後はただの達磨状態。七転び八起きの元気が有る訳でもなく、ただただ手も足も出ないのだ。これじゃあ黒田が本当に可哀相だ。負けが決まってるのに投げ続けるのだから、堪ったものではない。
 こんなチームに黒田が残留の意思を示す筈が無い。ファンだって、球場に足を運ぶものか。これでは、『ALL-IN』では無く、『ALL-OUT』だ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

西武3-2広島

■広島2勝1敗西武:フルキャストスタジアム宮城

  広 101 000 000 2
  楽 030 000 00× 3

   勝 涌井6勝3敗0S
   S 小野寺1勝0敗13S
   敗 佐々岡5勝3敗0S

 「う~ん。。。」と唸りたくなってしまう試合だった。今季の広島はこんな展開が多い。一度リードを許すと、一度逆転されると、二度と追い着くことが出来ないのだ。今日も、タイムリーを放った前田の後の、嶋の後の、栗原や新井が全く機能しなかった。打線が点になってしまっている。
 投手陣は非常に頑張っている。左の嶋、前田、そして右の新井、栗原が絡み合い機能すれば、どんな試合も勝利に導くことが出来るのだが・・・。頑張れ、キング・コング!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|