« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

交流戦を終えて

11勝6敗1分。交流戦のカープの成績である。
ソフトバンクと分けた際に勝ち越す確率が高くなったと思ったが、最後の6連勝は 何とも嬉しい誤算だった。
貯金11。しかも、カープ以外セ界に貯金球団無しである。
一番の立役者は、間違いなく誠也だろう。
サヨナラ2点弾、逆転サヨナラ3点弾、勝ち越し決勝ソロ、この交流戦最後の三連戦は圧巻だった。
交流戦の打率は4割に近い筈、月間MVPも視野に捉えた。
誠也を見ていると、四番誠也の日も近いのではと思う。
しかし今のカープを考えるに、誠也が五番にどっしりと座ることこそ重要なのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

しらける・・・。

カープがサヨナラ勝ち。本来なら、気分がスカッとするのだが・・・。
やはり、コリジョンルールはしらける。守備の好プレー、アウトがセーフになるのだから。
ビデオ判定の採用も然り。試合の流れなど、あったものではない。
審判の誤審?に怒り狂う時もあるが、それも一興である。
マラソン中継中のCMのような興醒めは止めて欲しい。再考を要求する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

苦痛以外の何者でもない。

有名人の癌報道、癌と闘う人や闘った人を主人公にしたドラマ・ドキュメンタリー。
何故、こんな物が世の中に氾濫しているのだろう?
何を伝えたいの? 何を訴えたいの?
これらは私にとって、苦痛以外の何者でもない。
因みに、癌保険のCMも大嫌いである。

今日はカープが快勝!! 黒田、ヤッタネ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

接戦を制す!!

延長12回、無死一、二塁から丸がサファテのストレートを中前(二遊間)に弾き返し、息詰まる接戦をサヨナラで制した。
カード初戦を黒田で落とし3タテを覚悟したが、1勝1敗1分の5分で乗り切った。
パ・リーグ1位2位との6連戦は正念場だったが、一つの負け越しで乗り切ったのは大きい。
これで勝ち越し&セ・リーグ首位で交流戦を終える事に光が見えて来た。
今日のゲームが、カープ25年振りの優勝に向け、ターニングポイントになるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年も厳しい・・・。

三連戦の初戦をジョンソンで落とすと、今のカープは勝ち越すことが難しい。
計算出来る先発投手が、2枚も3枚も不足しているのである。
明日からソフトバンクとの三連戦だが、3タテも覚悟しなければならない。
黒田で一つ勝つのがやっとだろう。
早く大瀬良と福井がローテに戻ってこないと、あっという間に借金生活になってしまう。
いや、その前にそうなりそうだ。
今年の交流戦も、厳しい戦いが続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

消費税増税延期を考える

与党にも野党にも、全く危機意識が無いと言える。
日本国財政破綻の確率は、確実に高くなっている。
自分には子供がいなくて良かったなどと思う日が来なければ良いが・・・。
参院選で民意を問うとのことだが、今回の延期に反対し、明日の日本を指し示す政治家が何処にいる。
『与党の勝利は、決して国民が消費税増税延期に賛成しているということではない』と信じたい。

そんなことより、カープじゃ! カープじゃ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »