« 2013年6月 | トップページ | 2016年4月 »

2013年7月

理解不能!!

 七回裏、バリントンに代打が送られた時、今村-ミコライオの継投だと思いました。昨日は失敗に終わったものの、前半戦ラストゲーム、後半戦に向けてのリベンジのため、今村が登板するものと考えていました。しかし、登板したのは久本。理解不能です。申し訳ないですが、「勝てない・・・」と思いました。結果は・・・。
 選手がダメなら、監督もダメ。カープ最悪のUターンです。本当に弱い・・・。。。downdowndown

baseball●広島2-4中日 広島8勝7敗0分(35勝48敗1分

中日 000000040 4
広島 100100000 2

勝:中田賢4勝2敗0S
S:岩瀬1勝1敗21S
敗:久本2勝3敗1S
本:平田7号④(横山

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

敗北の方程式!!!

 七回を終わって2-0。カープファンは誰もが、『残る2イニングは、今村-ミコライオのリレーで・・・』と思ったことでしょう。しかし結果は2-3。ショックですdown
 しかし、今村はディフェンスにも足を引っ張られました。外角のストレートを狙われ痛打されたのは事実ですが、野手もお粗末でしたdown
 八回表一死一塁、五番打者の打球は右中間を真っ二つに。しかし、ここで一塁ランナーが暴走し本塁へ。中継したセカンド菊池は本塁へストライクの返球(ショートバウンドでしたが・・・)、タイミングも余裕でアウト、ところが石原が落球し、2-1。続くファーストゴロを捕球したキラが、ベースカバーに入った今村に悪送球。二死から今村は同点打を打たれました。down
 八回裏。2四球2安打で無得点。何故? 無死一塁から丸が盗塁死。。。 意気消沈です。down
 九回は、もう語りたくありません。
 先発の谷間でマウンドには小野。そして久本-横山と無失点で繋ぎ、理想的な継投に持ち込みながらの敗戦。”The End”です。downdowndown

baseball●広島2-3中日 8勝6敗0分(35勝47敗1分

中日 000000021 3
広島 000002000 2

勝:マドリガル1勝0敗0S
S:岩瀬1勝1敗20S
敗:ミコライオ2勝4敗15S
本:丸7号②(西川)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とにかく、勝ちました!!

 本塁打も適時打もありませんでしたが、3-0で快勝sign02 9連戦の勝敗を4勝3敗とし、球宴前9連戦の勝ち越しが見えてきました。
 先発した野村は、8回を5安打無失点。ルナ、クラークを欠くドラゴンズ打線の貧打に助けられた部分もありましたが、内野ゴロの山を築き、5勝目を飾りましたup
 攻撃陣は10安打で3得点(犠牲フライ2、ワイルドピッチ1)、菊池の一、二番が十分にチャンスメークしていただけに、少々寂しい攻撃でした。まあ、明日はキラがスタメンに戻って来るでしょうから、もっともっと、投手を助ける攻撃をしてもらいましょう。up 明日の谷間、予告先発は小野ですが、何としても勝利してドラゴンズ3タテに繋げ、9連戦を勝ち越してオールスター休暇を迎えて欲しいものです。beer

baseball○広島3-0中日 広島8勝5敗0分(35勝46敗1分

中日 000000000 0
広島 10100010X 3

勝:野村5勝3敗0S
S:ミコライオ2勝3敗15S
敗:岡田3勝4敗1S

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

待ってました、岩ちゃんの一発!!

 二回表、相手チームの失策とスクイズで3点を先制しましたが、何となく気分が乗らない試合。18安打13得点での大勝でしたが・・・。。。
 今日一番嬉しかったのは、岩本一発でした。七回表、廣瀬の右前打と赤松の結果オーライ遊撃内野安打で掴んだ無死一、二塁。B2-S0からライトスタンドに今季1号となる3点本塁打を放ったのです。待ちに待った、岩ちゃんの一発です。up
 今のカープ、今日の勝利で浮かれている訳にはいきません。カープの野球はまだまだです。相手投手を確実に打ち崩す打撃、意志のある攻撃。今日の大勝は、結果オーライであることを認識して下さい。マエケンじゃなかったら・・・。。。

baseballヤクルト3-13広島○ 広島3勝7敗0分(34勝46敗1分

広島 032003320 13
東京 002000001  3

勝:前田健7勝5敗0S
敗:石川2勝7敗0S
本:ミレッジ10号②(前田健) 岩本1号③(七條) 廣瀬5号①(阿部) バレンティン32号(菊地原

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今シーズン初!!

 

 今シーズン初めて、TV観戦を途中で止めてしまいましたdownバレンティンの満塁弾は、本当にショックでした。オールスター戦迄負け続けるような気がして、チャンネルを換えてしまいました。元気が出ません・・・。。。
 堂林は、ホームランを打っても、それが浮上の切っ掛けにはならないようです。3三振です。全く、彼を始め、攻撃陣は何を考えて野球をやっているのでしょう? 全く進歩がありません。投手陣は早くも夏バテか? キラ鮮烈デビューという好材料も、既に吹き飛んでしまいました。本当に、もうダメなのでしょうか?

baseballヤクルト8-3広島● 広島2勝7敗0分(33勝45敗1分

広島 100000020 3
東京 24000200X 8

勝:小川10勝2敗0S
敗:大竹5勝6敗0S
本:上田1号①(大竹) バレンティン30号①(大竹)、31号④(大竹

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

打ち合いに敗れる

 両チーム合わせて26安打5本塁打の打ち合いに敗れました。
 それにしても今井は打たれ過ぎ、特に二回裏。二つの四球を与え、二死からの適時打、3点本塁打が痛過ぎました。down
 カープも頑張って3本塁打で反撃しましたが、及ばず。各打者が仕留めるべき球を、ことごとく外野に打ち上げていたことが気になりました。もっと、内野手の間、頭上に鋭い打球を放って欲しいものです。

baseballヤクルト11-9広島● 広島2勝6敗0分(33勝45敗1分

広島 200320002  9
東京 44010011X 11

勝:木谷1勝1敗0S
敗:今井1勝1敗0S
本:畠山9号③(今井) 石原3号①(中沢) 菊池5号②(中沢) バレンティン29号(福井) 堂林4号②(山本哲)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キラ、6打点!!

 新助っ人キラsign03 来日デビュー戦から3戦連続となる2本塁打を含む、5打数3安打6打点と大暴れ。3試合で4本塁打、鮮烈デビューですsign03
 キラの存在がカープを変えましたup 自身の不調が顔に出ていたルイスも満面の笑顔。今日は、2安打1打点です。upnotebeer
 加えて嬉しかったのは、今村ミコライオ好投です。八回、九回をパーフェクトリリーフです。日に焼けた精悍な面構えの今村。155キロを連発するミコライオ。カープに勝利の方程式が戻って来ましたsign03notebeer
 得点力アップ、且つセットアッパー、クローザーの整備。今度こそ、カープの浮上が見えてきましたある意味、昨夜の惨めな戦いが、ターニングポイントになったように思います。

baseballDeNA3-7広島〇 広島7勝5敗0分(33勝44敗1分

広島 102300010 7
横浜 000000300 3

勝:バリントン4勝7敗0S
敗:須田2勝1敗0S
本:キラ3号②(須田)、4号③(田中) 石川3号③(バリントン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今季最悪試合

 今シーズン最悪のゲームがようやく終わりました。キラの2試合連続本塁打で2点を先制し、新助っ人が本当にカープを変えるかsign02と思われた試合を、バッテリーがぶっ潰してしまいました。down
 ボールとストライクがハッキリしている上、ストライクは真ん中ベルト近辺に全て集まってしまった中崎は、2回3失点で降板。まあ、これは『調子が悪かった。。。』ですまされる投球内容だったかもしれません。主犯は、2番手で登板した福井と會澤のバッテリーです。何を血迷ったのか、明らかに狙われているストレートの連投、打たれても打たれても連投、空いた口が塞がりませんでした。当然のようにバッテリーごと交代。閉めは、2者生還を許した挟殺プレー。草野球にも劣ります。19被安打8与四死球17失点。
 明日が健康診断である私はノンアルコール。素面での観戦は地獄でした。

baseballDeNA17-8広島● 広島6勝5敗0分(32勝44敗1分

広島 221011100  8
横浜 21007340X 17

勝:小林寛1勝0敗0S
敗:福井0勝1敗0S
本:キラ2号②(高崎) ブランコ27号③(上野

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キラキラ13番、そしてノムスケ。

 

 今夜デビューしたキラが魅せてくれました。0-1で迎えた六回表、私の眼前に初登場したキラが、B1-S2からバックスクリーンに来日初本塁打を放ったのです。up この本塁打で、ゲームの雰囲気がガラッと変わりました(と言うか、そう思われました)。upカープは、5四球をもらいながらも無得点。一方、ベースターズは2安打で1得点だったのですから・・・。
 その後は、右中間二塁打を堂林が送り、石原ライト犠牲フライで逆転。七回表は四球で出塁した菊池との間でヒットエンドランを決め無死一、三塁。廣瀬のサードゴロで菊池が本塁憤死も、キラが三振を喫する間にダブルスチールが決まり二死二、三塁。ここでレフト線に2点適時二塁打を放ち4-1。勝利をほぼ手中にしました。beer
 守っては野村が好投。1点を先制されましたが、持ち味のコントロールが冴え、プロ入り初となる無四球完投で4勝目チームの連敗を4で止めましたsign03
 新助っ人キラが、カープの雰囲気を変えてくれるかもしれません

baseballDeNA2-4広島○ 広島6勝4敗0分(32勝43敗1分

広島 000002200 4
横浜 001000010 2

勝:野村4勝3敗0S
敗:三嶋2勝5敗0S
本:キラ1号①(三嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

情けない。。。

 何故、こんな酷い試合を見せられなければならないのでしょうsign02 打てない、守れない、惨憺たる状況です。おまけに映像は、いちいち藤浪の姿が流され、気分の悪い私を憤慨させます。加えて、実況&解説は、藤浪を褒めちぎる。カープが打てんだけじゃろうsign03
 それにしても酷い、情けない。。。

baseball●広島0-4阪神 広島4勝7敗0分(31勝43敗1分

阪神 000001003 4
広島 000000000 0

勝:藤浪5勝3敗0S
敗:前田健6勝5敗0S
本:鳥谷5号①(前田健

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

痛すぎる牽制死。

 三つの四球と、2本の安打で3点を先制された直後の七回裏。
 エルドレッドのお約束三振でスタートしたものの、廣瀬左前打右前打で廣瀬が三塁へ、そして三塁送球の間に梵が二塁を陥れ一死二、三塁。このチャンスに堂林左前2点適時打を放ち1点差。ここまでは、良かったのです。打者石原の時、堂林が牽制死。痛すぎます。。。down
 試合はこのまま2-3で、3連敗down
 空振り三振、ドン詰まりサードゴロ、空振り三振、右邪飛。悲しいですが、エルドレッド、さようなら

baseball●広島2-3阪神 広島4勝6敗0分(31勝42敗1分

阪神 000000300 3
広島 000000200 2

勝:榎田3勝5敗0S
S:福原3勝0敗2S
敗:大竹5勝5敗0S

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

序盤、メッセンジャーを捕え切れず。

 立ち上がりを捕え切れず、中盤以降尻上がりに調子を上げたメッセンジャーに完投を許してしまいました。
 一回裏、中前打で出塁したルイス菊池が送り、中前適時打で先制。力はありながらも、ベルト近辺に来る球を的確に捕えた攻撃でした。さあ、押せ押せムード。しかし続くエルドレッドは、内寄り高めのボールに詰まり、ショートに併殺打down
 2本塁打で逆転された二回裏、松山が三遊間を破るヒット、そして梵がSS-LF-CF間にポトリと落ちるヒットで無死一、二塁。堂林が送りバントを成功させ、一死二、三塁のビッグチャンス。しかし、會澤、先発武内の代打迎が高目のつり玉に空振りの三振down
 三回表に1点を追加され、事実上ゲームセット。以降出塁したのは、中前打を放った堂林のみでした。down

baseball●広島1-3阪神 広島4勝5敗0分 (31勝41敗1分

阪神 021000000 3
広島 100000000 1

勝:メッセンジャー7勝4敗0S
敗:武内0勝1敗0S
本:新井貴9号①(武内) 今成1号①(武内

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

助っ人と指揮官が敗因?

 

 昨日、一昨日の勝利が吹き飛ぶショッキングな敗戦でした。バリントンは責められません。
 何度もランナーを置きながらポイントゲッターになれないカープの助っ人、そして中日の助っ人。この実力差が如実に表れたゲームでしょう。加えて采配・・・
 それでもバリントンが力投し、リードして終盤を迎えたこの試合。また、私好みではない采配が登場しました。先ず、八回表。菊池の二塁打とエルドレッドの四球等で一死一、三塁のチャンス。ここで相手投手が左腕に代わると、松山に代打廣瀬。松山はここまで3三振でしたが、ここは代打を出して欲しくは無かった・・・。そのまま打たせてもらえていたら、一皮剥けていたかも。そして、八回二死二塁のピンチから大島を敬遠。確かに、次の荒木を完璧に抑えていましたが、逆転ランナーとなる敬遠はとても疑問でした。結果は・・・。
 期待できない助っ人に、ブレブレ采配の指揮官。これじゃあ、上には行けませんね。down

baseball中日6-2広島● 広島7勝5敗0分(31勝40敗1分

広島 020000000 2
中日 10000005X 6

勝:岡田3勝3敗0S
敗:バリントン3勝7敗0S
本:クラーク12号①(バリントン) ルナ9号②(小野

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やったぜ、菊池丸!!

 劣勢を、菊池が跳ね返しました。
 0-2で迎えた六回表。1番からの好打順も、ルイス、菊池の連続三振でこのイニングでの反撃は諦めかけましたが、が見せてくれました。B2-S1からインコースの変化球を巧く救い上げ、ライトスタンドに追撃のソロ本塁打を放ったのです。
 五回裏二死から登板した河内が、左打者二人を抑え、続く上野が六回裏を"0"に抑え、指揮官の采配も当たりました。
 そして迎えた八回表。一死からルイス四球を選び、ドラマが始まりました。菊池のサードゴロをルナが見事なトンネル。ルイスが三塁に進む共に、菊池が二塁を陥れる積極的な走塁。この走塁がドラマを効果的に演出しました。続く初球を三遊間に運び逆転したのですup
 やったぜ、菊池丸sign03

baseball中日2-3広島○ 広島7勝4敗0分(31勝39敗1分

広島 000001020 3
中日 000200000 2

勝:上野2勝0敗0S
S:ミコライオ2勝3敗14S
敗:高橋聡0勝1敗0S
本:丸6号①(西川)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

喜べない勝利。。。

 全く喜ぶことが出来ない勝利です。ディフェンスが要因となり負けるゲームでした。エルドレッドがソロ本塁打を放ち3-1で迎えた6回裏。四球と安打で迎えた一死一、二塁のピンチ。相手四番のサードゴロを三塁堂林がセカンドに悪送球、ジャンプして捕球したセカンド菊池がファーストに送球、そして二死二、三塁の大ピンチ。普通は併殺で事なきを得る場面が、最悪でも二死一、三塁が・・・。そして、石原の本塁封殺プレーでの落球もあり同点。
 その後はリードしても、四球、死球から同点。まあ、誰しもが負けを覚悟する展開です。安部の決勝適時打も、普通のLFなら・・・。
 全く喜べない勝利です

baseball中日5-8広島○ 広島6勝4敗0分(30勝39敗1分

広島 000201110003 8
中日 100002110000 5

勝:菊地原1勝1敗0S
S:久本2勝2敗1S
敗:鈴木0勝1敗0S
本:エルドレッド6号①(田島) 松山6号①(中田賢) 和田13号①(今井

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年6月 | トップページ | 2016年4月 »